対面式のキッチンの特長

キッチンもいろいろなタイプがある。

キッチンプランは、大きく分けて3タイプに分類することができます。まず一つ目が「クローズ型」キッチンで、これはダイニングなどから独立した空間にキッチンを配置したタイプのものです。二つ目が「オープン型」キッチンで、これはキッチンとダイニングを仕切らずにオープンに配置したプランですね。そして最後に「セミオープン型」キッチンで、ダイニングをカウンターやキッチンで仕切ったプランです。「対面式」と言われるキッチンはこのタイプのものですね。対面式にもカウンターを設置した「カウンター式対面キッチン」と、カウンターの無い「フルオープン型対面キッチン」とがあります。対面式のキッチンには吊戸棚を付けないケースが多いですが、その代わりシンクやコンロ下の収納能力が向上しているので問題ありません。

対面式キッチンのメリット・デメリット

対面式キッチン最大のメリットは、何といっても「料理中もリビングの様子がわかる」という点です。小さいお子さんのいる家庭などでは、子供の様子を見ながら料理が出来るので安心ですよね。また、「開放感がある」という点も大きなメリットです。料理中も家族とのコミュニケーションが取れるため孤立感を感じることが無くなります。そして、食事前後の配膳が効率よく行えるのも対面式の利点ですね。デメリットとしては、オープンな空間なので料理の臭いが部屋に付きやすい、という点が挙げられます。その他に、外からキッチン内部の様子が見えるので急な来客時などに備えて常に整理整頓、清潔にしておく必要がある、という点です。しかし、これはキッチンを常に綺麗に保つ習慣が身につくので見方を変えればメリットと言えるかもしれませんね。